玉ねぎの血液サラサラ効果って本当

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎを食べると血液がサラサラになるといわれています。それには、玉ねぎに含まれている二つの成分が関係しています。

 

血液をサラサラにする「アリイン」という成分と、血管を若返らせる「ケルセチン」という成分の二つです。

 

 

血液をサラサラにする「アリイン」

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです
まずは「アリイン」について説明しましょう。アリインとはニンニクやネギ類などのユリ科の野菜などに多く含まれる硫黄化合物です。

 

これらの食材は、アリインを含む細胞と、アリインを分解するアリナーゼという酵素を持つ細胞を持っており、それらの細胞がそれぞれ壊れると、アリインとアリナーゼが接触して、アリシンという物質になることで、強いにおいを放つようになります。

 

アリインは熱に弱く、水に溶ける性質があるので、長く熱するとなくんってしまうので注意が必要です。

 

血液の凝固を抑える

このアリインには、血液の凝固を抑える効果があります。また、血栓を溶かすといった効果もあります。

 

血栓とは血の塊であり、これがあると血流が悪くなってしまいます。

 

これを放っておくと血管に負担がかかってしまうため高血圧になり、血管や心臓が傷みやすくなります。そして最終的には動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

それに対して、アリインは血液が過剰に凝固するのを抑える効果があるので、血流を良好な状態に保つことができるようになるのです。

 

コレステロール値の上昇を抑える

また、脂質異常性によっても血液の流れが悪くなることがあるのですが、アリインにはそれを防効果もあります。アリインには血液中の脂肪の燃焼を活発にし、コレステロール値の上昇を抑えるという効果があるのです。

 

その血流改善に加えて、「ケルセチン」の効果が発揮されます。

 

 

血管を若返らせる「ケルセチン」

ケルセチンは、ポリフェノールの一種であり、ネギ類や緑茶、そばや柑橘類に多く含まれている成分です。フラボノイドの中のフラボノール類に分類される成分で、活性酸素を取り除く効果があります。

 

また、ケルセチンはビタミンPというビタミン様物質の一つであるので、主にビタミンCを助ける働きがある成分だといわれています。それが血管をしなやかに保つという効果のほかに、活性酸素によるダメージを防ぐ抗酸化作用があるのです。

 

活性酸素によって赤血球が劣化してしまうと、血流が滞ってしまいます。

 

このダメージを防ぐことで、赤血球の働きを活発にさせることができるのです。また、血管内皮機能を改善する効果もあるといわれており、この血管内皮機能が良好であることで、血管が柔軟性を保つことができるのです。

 

 

玉ねぎの血液をサラサラにする以外の効果効能

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎは血液をサラサラにする効果が有名ですが、健康を維持するためには大切な食べ物で以前にも増して注目をされている食材です。

 

サラサラにする効果以外にも髪の毛や身体に良い効果があるといわれています。不要なコレステロールを排除し動脈硬化予防にも優れています。

 

血管の詰まる病気や血管がもろくなってしまった事から起こる病気

血液をサラサラにする事から血管の詰まる病気や血管がもろくなってしまった事から起こる病気にとても役立ちます。

 

血栓や狭心症、心筋梗塞、脳卒中を予防に役立ちます。

 

薄毛や抜け毛予防

キレイな血液を作り、血液がサラサラになる事によって酸素や栄養を全身に供給しやすくなります。酸素や栄養を供給しやすくなる事は髪の毛にとって大変良い事です。

 

髪の毛を作る毛母細胞は酸素や栄養が行き渡ると元気な髪の毛を生やしてくれ、薄毛や抜け毛予防に繋がります。太い血管だけでなく毛細血管の強化や修復、身体の全体の細かいところまで栄養を届けてくれます。足の先や指の先、頭のてっぺんまで栄養が届きます。

 

目の疲れにも効果的

玉ねぎには目の疲れにも効果的です。

 

パソコンやスマートフォンを日頃から使っている現代人にとって、細かい字を見る事は目が疲れてしまいまうし、スマートフォンからはブルーライトが出ていて、目を疲れさせたり睡眠を妨げする恐れもあります。

 

成長ホルモンを作り身体の成長を促す効果

カルシウムを多く含んでいて成長ホルモンを作り身体の成長を促す効果があります。成長ホルモンは髪の毛と密接な繋がりがあります。成長ホルモンは寝ている間も分泌していますが、食べ物からも摂取する事によって髪の毛の成長を期待する事ができます。

 

毒素を身体から出し栄養を行き渡らす効果

血液をサラサラにする効果にはムダな毒素を身体から出し栄養を行き渡らす効果があるため消化促進、乳がん予防、薄毛の予防をする事ができます。

 

 

玉ねぎは三食食べても大丈夫

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

血液がキレイになると肌や髪の毛にハリが出て若々しくなり、髪の毛に大切なビタミンは玉ねぎを食べる事によって、ビタミンの吸収がよくなり質のよい髪の毛が生えてきます。

 

ビタミンを摂取する時にも一緒に食べると効果的で髪の毛に効果的な肉や魚のタンパク質がおすすめですが、好き嫌いや生臭さが苦手という人には玉ねぎと一緒に食べると臭みを軽減してくれます。

 

食べ物には食べ過ぎてしまうと副作用が出てしまったりという事がありますが、玉ねぎには三食食べても大丈夫です。

 

長期保存がきくので大量買いをしても心配がありません。

 

酢でつけて保存するとさらに長く保存する事ができ、保存だけでなく、生で食べても、炒めたり、焼いたり、煮たりといろいろ料理方法はいろいろあります。

 

自宅だけでなく外食として摂取しやすい食材です。

 

 

血液をサラサラにする食べ物で即効性が高いのは玉ねぎです

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

健康的に毎日を過ごすのには血液をサラサラにすることだと言われていて、多くの人たちもそれを目指すようになっています。

 

血液の流れがスムーズにいかずドロドロしていたら、体の隅々にまで張り巡らされている細い毛細血管に血液がきちんと運ばれなくなってしまいます。

 

毛細血管に血液が運ばれないと

老廃物を運んで排泄できなくなる

それは、酸素や栄養が細胞にまで必要分を配分できなくなってしまい、細胞内に溜まっている老廃物を運んで排泄できなくなってしまいます。

 

動脈硬化になる

また、血液はとても温かいので全身を温めてくれます。

 

毛細血管が詰まるようになると血管の壁に血栓ができて血管も硬くなってしまいます。そして、それがすべての病気につながるとも言われる動脈硬化になっていきます。

 

筋肉が冷えてしまい硬くなっていろいろなところに凝りや痛みが出るようになったりします。

 

血液をサラサラにするために効果的なものには食べ物が大切です。

 

 

玉ねぎを食べて解決

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

特に玉ねぎには血液をサラサラにする成分が多く含まれていて、効果的だと言われています。

 

血液をサラサラにすることで、動脈硬化の予防となり心臓病や脳疾患の予防となり、

 

筋肉を温めることで肩こりやむくみなどを抑えたり

 

老廃物の排出がスムーズに行われることで美肌になったり、冷え性を改善するなどの多くのメリットがあります。

 

 

ポリフェノールの1種

玉ねぎは野菜の中でも特に血液をスムーズに流れるようになる成分が多いです。その成分にポリフェノールの1種がありますが、それは腸内の脂肪を排出して、血中脂質を減らしてくれる効果があります。

 

それは、老化に大敵な活性化酸素に対しての抗酸化作用もあり、高血圧や動脈硬化の予防にもなっていきます。

 

そして玉ねぎには特有の辛味成分がありますが、それは血液が固まるのを防いで血栓を作らないようにする働きがあります。それで、血管が詰まらないようにするのです。

 

 

効果を最大限いかすのは生食

効果がすぐにあらわれる即効性の高い玉ねぎですが、その効果を最大限いかすのは生食です。

 

玉ねぎを切ったりするとその刺激で涙が出たりする辛味成分「硫化アリル」が血流を良くするのに良い成分になります。

 

生のままで食べることで善玉のHLDコレステロールを増やす作用もあります。

 

また、消化液を分泌し新陳代謝を活発にして、血中脂肪の燃焼や抗菌、血栓を溶かす効果もあることが報告されています。

 

生のものを薄くスライスして15分程度置いてから食べると、疲労回復や血液をサラサラにする効果をもたらす成分が増えるのです。

 

その即効性を言うときにインドの話しがあり、暑さでめまいがしたら、つねにポケットに入れておいたものを生のままですぐにかじると血流を良くしてめまいを抑えると言われているほどです。

 

 

玉ねぎを毎日効果がでる様に食べるのは大変なのでサプリメントをおすすめします

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎには血液をさらさらにする効果があります。

 

これは、よく多くのテレビ番組でも取り上げられているものですが、血液を綺麗にしてくれる効果、そしてサラサラにしてくれる効果があるため、身体にとても良い影響を与えてくれるのです。

 

それでは、血液がサラサラになるとどのような良い効果が得られるのでしょうか。

 

肩こりや腰の痛み、冷え症などの悩みに

まず、肩こりや腰の痛み、冷え症などに悩んでいる方が血液をサラサラに出来ると、肩などの部分で凝り固まっていた血流が、綺麗にサラサラと流れるようになるため、肩こりや腰の痛みが驚くほど楽になります。

 

特にデスクワークなどをしている方や、万年、重い肩こりや頭痛がある方には特におすすめです。

 

血液の流れがよくなることで、肩こりが減っていくと同時に、酷かった冷え症なども楽になります。

 

これは冷え症の原因が、血流の悪さにあるからです。

 

このようなことから、玉ねぎはとても万能でオススメの食材なのです。

 

 

血液がサラサラになることで美肌効果

また、血液がサラサラになることで、美肌効果も期待出来ます。

 

そのため、美肌効果から、若返ったように見えるようにもなりますし、同時に、肌のつやが綺麗になることから、化粧のノリなどもとても良くなります

 

これほど凄いパワーですので、頑張って毎日かなりの量を食べる方や、健康のためにどんどんと身体に取り入れている方が多いのです。

 

 

玉ねぎが苦手な人におすすめサプリ

また、野菜不足の方にもお勧めの食材であるため、食べる人がとても多くなってきています。

 

ただ、必要な量を食べきる、それも毎日を繰り返して、ということはかなりの根気と時間、これらがないと難しいですし、さすがに毎日同じような料理ばかりでは、飽きがきてしまうものです。

 

また、甘味などが強いタイプのものがあるものの、基本的にあの匂いがダメ!と言って、生のものは一切食べることが出来ない、という人も意外にも多くおられます。

 

しかし、玉ねぎには、食物繊維などの便通を良くする効果があるため、サプリメントを飲むと、便通などの改善にも役立ちます。

 

そこで玉ねぎのサプリメントである「タマネギの力」はとてもお勧めの商品となっています。

 

サプリメントであるからこそ、無理をして、玉ねぎをたくさん食べる必要もなく、必要な栄養などだけを身体に入れることが出来るため、とても貴重なアイテムとなっています。

 

また、サプリメントであるため、旅先でも飲みやすく、家で料理などをしてお腹いっぱいに食べる必要や一生懸命、旅先まで持ち込まずに済む点も効率的です。

 

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

 

NHK試してガッテンで放送された玉ねぎの放送内容とは?

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

最新の健康法などを特集して時に大きな社会現象まで起こすことがあるNHKためしてガッテン

 

そこで紹介されたダイエットにいいといわれる食材や健康食品は、直後にスーパーから姿を消すほど国民に与える影響は大きなものです。

 

その、ためしてガッテンで血液をサラサラにする健康法が特集されました。

 

そこでは玉ねぎに血液をサラサラにする効果があること、そしてその効果をさらに上げる酢玉ねぎのレシピとその効能が紹介されました。

 

その反響は大きなもので、現在もレシピを使った健康法などが話題になるほどです。

 

その放送回では、まず玉ねぎの健康効果について触れられていました。

 

 

玉ねぎの健康効果

主なものは

 

  • 食欲増進、
  • 便秘の解消、
  • 動脈硬化や
  • 高血圧の予防、
  • 不眠解消、
  • コレステロールを減らす、
  • 中性脂肪を減らす、
  • 血糖値の上昇を抑える

 

などです。

 

これだけでも大変な健康食品であることがわかります。

 

そこに疲労回復などの効果があるお酢を合わせることでさらなる健康効果が期待でき、血液サラサラにも一層役立つということです。

 

 

ためしてガッテンで紹介されたレシピ

コツその1

ためしてガッテンで紹介されたレシピでは、玉ねぎ中1個を軽く水洗いし皮をむき薄くスライスします。
このとき繊維を断ち切るようにスライスするのがコツだそうです。

 

コツその2

15分以上そのまま置いておきます。
置いておくことで酵素が増えサラサラ成分が増すとのこと。
このとき水にさらすことはしないほうがいいのは、サラサラ成分が水の中に溶け出すのを防ぐためだそうです。

 

コツその3

放置時間が経過してから保存タッパーなどに玉ねぎ、お酢大さじ5、はちみつ大さじ1.5から2杯を加え、冷蔵庫で一晩寝かせれば完成です。

 

コツその4

家族で食べたい場合は多めに作っておくとみんなで食べられます。
作ってから2日から3日経つと食べごろになります。

 

 

食べ方の工夫

これを1日50gずつ食べ、お酢も一緒に飲むと効果がアップするようです。
冷蔵庫で1週間ほどは保存がきくので作り置きができて便利です。

 

毎日食べる習慣をつけるといいでしょう。
ただそのまま食べるのはちょっと酢が苦手な人にはつらいものです。

 

番組内ではドレッシングのようにサラダなどにかけて食べる方法やいろいろなアレンジが紹介されていたので酸っぱさが苦手な人でもおいしく、飽きずに続けられそうです。

 

毎日の料理に加えれば苦にならずに食べて行けそうでし、味も違和感のない材料で作られているので健康食品という感じを持たずに食べられます。

 

ダイエットにも効果があるようなので、女性にも男性にも家族全員で食べてもらいたい健康食品です。

 

 

玉ねぎの血液をサラサラにする成分とは?

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎを切ると鼻につんと来て涙がでます。

 

これは切ることで細胞が壊れ、細胞内にある成分が外にでるからです。

 

その成分とはイオウ化合物で、硫化アリルやアリシンと呼ばれています。

 

ネギ類全部やニンニクやニラなどに共通する刺激成分です。これは揮発性の催涙物質から作られる香り成分のため涙がでるのです。

 

この成分こそが血液をサラサラにしてくれる作用を持つ大切なものです。

 

 

血液をサラサラにしてくれる作用

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

この成分は水にさらすと出て行ってしまうのでさらさずにそのまま頂きましょう。

 

また生食でいただく場合も、加熱して食する場合でも切ったら15分ほどそのまま放置します。

 

放置することで成分が安定し、より、血液サラサラの効能がアップするのです。

 

この物質は血液の凝固を抑制し、血栓を作りづらくし、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

 

加熱していただく場合はこの成分が硫化プロピルという成分に変化しますが効能はほぼ変わりまりません。

 

食してから血液サラサラ効果が持続するのは7時間くらいなので、朝晩に頂くとより効果的です。

 

量としては1日50グラムですのでおよそ4分の1くらいです。

 

  • スライスしてほかの生野菜と一緒にサラダで頂いたり、
  • 豆腐やお揚げと共に御御御付け、
  • おかかとお醤油をかけておつまみに、
  • すりおろして醤油と混ぜステーキソース、
  • カレーやこれからのシーズンに美味しいクリームシチュー

 

など、レシピの多い玉ねぎですので、和、洋、中華などにまんべんなく利用してしていただけば負担にならない量でしょう。

 

 

血液サラサラ以外の効果

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

硫化アリルにはその他にも悪玉コレステロールを減らしたり、中性脂肪や血糖値を正常に導く働きがありますので、高脂血症や糖尿病の方などにはとてもよい食べ物です。

 

また、体内でビタミンB1の吸収を活性化するため、新陳代謝を活発にしたり、神経の沈静化にも効果があります。

 

新陳代謝が活発になれば、体外に老廃物をよりスムースに排出でき、脂肪の燃焼も活発化しますのでダイエット効果あります。

 

免疫細胞の働きも良くなるので白血球やリンパ球の働きもよくなり、結果免疫力のアップも望めます。

 

玉ねぎに含まれる成分はこれだけでなく、最強の抗酸化物質である、プロトカテキュ酸やケルセチン、ビタミンCなども含まれるのでアンチエイジングに持ってこいです。

 

そのほかには体外から侵入してきた異物や癌細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の働きも促しますので、血液サラサラ作用だけでなくほかの多くの健康効果も期待できるとても頼りになる野菜なのです。

 

 

玉ねぎを加熱すると血液サラサラにする効果は薄れるの? サプリメントがおすすめ

現在の日本では

 

  • 糖尿病や
  • 腎臓病、
  • 高血圧症、
  • 高脂血症、
  • 脂質異常症

 

などの生活習慣病にかかってしまう患者がとても多くなっています。

 

その名の通り生活習慣が影響を及ぼし、発症してしまう病気ですが、

 

そのまま放置して対策をしていかないと動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞などの命の危険が伴う重大な病気を引き起こすリスクが、高まってしまうのです。

 

このようなことから、動脈硬化が進んでいかないように対策をして行くことが、非常に大事になります。

 

 

生活習慣病に影響を及ぼす食習慣

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

特に生活習慣病に影響を及ぼしているのは、食習慣です。

 

近年の日本では、食の欧米化が進んだことから、

 

カロリーの高い糖質や脂質を多く摂取しすぎ、身体の健康を維持していく上で必要な、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が不足していることが多くなっています。

 

その他にもレトルト食品や冷凍食品、外食、お弁当やお総菜などで食事を済ませてしまう人がとても多くなっていますので、まずはバランスの良い栄養を摂取できるように、なるべく自分で作った料理を食べるようにした方が良いでしょう。

 

 

玉ねぎを食べよう

特に血液をサラサラにすることで有名な食材は、玉ねぎです。

 

玉ねぎには硫化アリルという栄養素が含まれていますが、これが玉ねぎ独特の辛みを生み出している成分です。

 

この硫化アリルは、消化液の分泌を促して新陳代謝を向上させたり、ビタミンB1の吸収を良くする働きがあると言われています。

 

そのことから、ビタミンB1の不足から起きる疲労や食欲不振、精神不安定、精力減退、不眠などに効果が期待できると言われています。

 

また、硫化アリルには、血液凝固を遅らせる働きがあります言われています。

 

このことから、糖尿病や高血圧、動脈硬化の予防に役立つのです。

 

コレステロールや中性脂肪を減らしたい場合には、玉ねぎを加熱して調理するようにします。

 

血糖値を下げたい場合には、サラダなどにして生食で食べると良いでしょう。

 

血液をサラサラにする硫黄化合物は、水にさらすと溶けやすいため、切ってすぐに水にさらさないように注意します。

 

生で食べる場合も加熱する場合も、切ってから15分ほど空気中に放置することで栄養成分が安定して、血液をサラサラにする効果が最大限に引き出すことができます。

 

このように玉ねぎは、生で食べる場合も加熱する場合も、それぞれに効果が期待できます。

 

しかし、毎日食べるのは飽きてしまうということもありますので、サプリメントを利用すると、効率良く栄養を摂取することができるでしょう。

 

 

ハウスのタマネギの力の口コミ

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

近年では健康を維持するために、食事内容や生活習慣などに気をつけている人が増えているといいます。

 

そして、毎日摂取する食事の中に使用されている食材には、健康な身体のために良い効果をもたらしてくれる成分が含まれている食材が多いものです。

 

たとえば、料理のメニューに多く使われることが多い玉ねぎの場合ですと、血液をサラサラな状態にしてくれる効果が期待されますから、食事から積極的に摂取することが望まれます。

 

しかしながら、毎日続けて玉ねぎを適量摂り続けることは難しいものです。

 

そこでおすすめしたいのが、ハウスの「タマネギの力」というサプリメント製品になります。

 

 

ハウスの「タマネギの力」

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

この、ハウスの「タマネギの力」を実際に摂取された方の口コミを見てみますと、継続して飲み続けていくと肩こりがひどくて高めだった血圧が、適正な数値になって肩こりが改善されたといううれしい声があります。

 

この他にも、毎日体調の良さが感じられて身体が元気になったという声などが寄せられています。

 

ハウスの「タマネギの力」には、玉ねぎに含まれていてサラサラ成分といわれている、シクロアリインが豊富に配合されていたり、玉ねぎの外皮に存在するケルセチンという成分も配合されています。

 

これらの成分は、普段の食事からは十分に摂取することができないといわれているものですが、

 

ハウスの「タマネギの力」は、独自の技術製法によって成分を抽出し、サプリメントとして販売されていますので、口コミにもありますように、身体に効果を感じられると言えるでしょう。

 

ハウスの「タマネギの力」は、1袋に3粒入っているものですが、この1袋が1日に摂取する目安となっています。

 

口コミの中には、1日の摂取する量が個別に包装されているので、持ち運びしやすく外出先でも飲みやすいのでとても良いという声も上がっています。

 

また、ハウスという企業の信頼感もあって、購入を決めて続けて飲んでいるという声も聞かれます。

 

ハウスの「タマネギの力」の口コミを総合的にみますと、健康を後押ししてくれて、身体に良い変化が感じられるもので、信頼性が高いことが読み取れるものですから、ぜひ試されてはいかがでしょう。

 

1日に3粒入っている1袋を目安として、水などと一緒に飲むことをすすめています。

 

毎日続けて摂取されることで、玉ねぎに含まれる成分がもっているサラサラ効果を感じられて、健康な身体を保つことが期待されるものですから、ハウスの「タマネギの力」をおすすめしたいものです。

 

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

 

 

シクロアリインの効果とは?

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎを剥いたり包丁で切るとツンとして涙が出てしまうという人は多いのですが、これは玉ねぎに含まれている硫黄含有成分が催涙成分として空気中に揮発することが原因となっています。

 

シクロアリインはこの涙を出す成分である硫黄含有成分が加熱・調理されることによって成分が安定して、初めてできるものです。

 

現在、このシクロアリインの効果が注目されています。

 

 

シクロアリイン注目の効果

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

シクロアリインには多くの効果があると言われていますが、その中でも注目されているのが血液をサラサラにする効果です。

 

現代は生活習慣病が多くの人の健康をむしばむ問題となっているように、毎日の食べ過ぎや飲み過ぎ
運動不足と言った生活習慣によって血液がどろどろになってしまったり、

 

肥満となったことが原因で心疾患や動脈硬化を引き起こしてしまいます。

 

 

シクロアリイン効果色々

シクロアリインには

 

  • 生活習慣病の原因となってしまう血液中の中性脂肪の減少効果、
  • 血中のコレステロールの減少効果、
  • 高脂血症や肥満を誘発する酵素の働きを阻害する効果、
  • 新陳代謝を向上させることによるダイエット効果

 

があります。

 

血液中の中性脂肪やコレステロールが減少すれば、内臓脂肪や肥満と言った問題が起こりにくくなります。

 

また、血管の内側にこびりついてしまって血栓を作り、血液の流れを阻害してしまったりできた血栓が剥がれて細い血管に詰まって起こる肺血栓や脳梗塞、心筋梗塞など命に係わる危険がある病気を予防することができるようになります。

 

すでに血管内に出来てしまっている血栓も、シクロアリインの働きで溶かすことができるとも言われていますので、血液をサラサラにして生活習慣病の予防や改善をしたいという人の大きな力になってくれることは間違いありません。

 

実際に実験でもシクロアリインを含む玉ねぎエキス粉末を食べた健康な成人男性は、血管の機能が大きく向上したという実験結果も発表されています。

 

この効果を実感するためには玉ねぎを食べればいいと考えるかもしれませんが、生の中型の玉ねぎ1個にシクロアリインは0.1%ほどしか含まれていないと言われていますし、

 

加熱や調理すればシクロアリインになりはしますが包丁を使って切ることで涙が出てしまうように、調理の段階皮を剥いたり切ったりするだけでその多くは失われてしまいますので食事から摂取することは難しい成分だと言えます。

 

そのため、効率よくシクロアリインを摂取するためにはサプリメントを利用するのが一番効率が良いと言えます。

 

 

玉ねぎに含まれる成分のケルセチンの効果とは?

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎを食べると血液をサラサラにする効果が発揮するのは、ポリフェノールの一種に分類されるケルセチンが良い働きをするためです。

 

ケルセチンはフラボノイドの一種でもあるため、色素成分としても重要な役割を担っています。

 

外側の皮を煮出すと独特な色彩になることについても、ケルセチンに由来するものです。

 

玉ねぎからケルセチンを摂取することによって、血液はサラサラになるため、免疫機能も同時に高まっていきます。

 

日頃の食生活が不規則で、脂っこい肉料理ばかりを食べる場合には、この成分を摂取するように心がければ改善していきます。

 

焼肉を食べるときには、副菜として添えるだけでも、食物繊維も含めて大量に摂取できることになるわけです。

 

 

血管のアンチエイジング

ケルセチンの摂取を進めていけば、血流の問題が根本的に解決するため、血管年齢の若返りを促進することもできるのです。

 

さらには、動脈硬化や高血圧の問題にも対処できるようになるため、生活習慣病のリスクを軽減したい場合にも適しています。

 

ケルセチンは血液をサラサラにさせると同時に、強力な抗酸化力を発揮して、活性酸素の影響を軽減してくれることも特徴の成分です。

 

このようなことから、老化による肌荒れをはじめとして、紫外線によるシミが気になる人にも適しています。

 

玉ねぎからケルセチンを欠かさずに摂取していれば、いつまでも若々しい健康状態を作り出して、気分的にも楽になるわけです。

 

 

メタボ体質改善

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

ケルセチンにはコレステロールを下げる効果もあるとされるため、食べ過ぎの食習慣でメタボ体質になってしまった人にも向いている食材です。

 

カレーライスの中に一緒に入れる場合には、肉を含んでいる場合でも、ケルセチンがあれば脂肪が過剰に働くことを防げます。

 

あるいは、たまり漬けにして調理する場合には、ケルセチンと一緒に乳酸菌も摂取できますから、お腹の調子を整えるためにも適しています。

 

玉ねぎのサラサラ成分は、ケルセチンと辛味成分のアリシンが結合することで、さらに強力になるのも魅力です。

 

ケルセチンによって体の酸化を防ぎながら、アリシンも補助する形になるため、アンチエイジングにとっても力強い味方になります。

 

このような成分をしっかりと摂取するためには、玉ねぎの調理法にも工夫を施す必要があります。

 

皮の部分には特に多く含まれるため、粉末に加工したものを料理で使うなどの工夫があれば、摂取量を大幅に増やせます。

 

あるいは、皮の部分を材料にするお茶を飲むこともおすすめです。