血液をサラサラにする運動

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

血流を良くし、血液をサラサラにするには、有酸素運動をすることです。

 

血液をサラサラにしてくれる食品の、

 

玉ねぎや、青魚、お茶などを摂取してから運動をするとさらに効果を高めることが出来ます。

 

 

運動で血液をサラサラになる理由

運動で血液をサラサラになる理由として、体を動かすことによって、血糖値を下げ、血管を拡張してくれます。血液が流れやすくなり、老廃物の排出がスムーズになります。

 

血液が内臓に行きわたることで、内臓の動きが良くなり、血液を綺麗にすることが出来ます。

 

 

おすすめの運動

始めやすい有酸素運動として、ウォーキングが挙げられます。ケガをするリスクもほとんどなく、費用も知識もなく始められるからです。

 

ご自宅の近所にお散歩コースなどがある方にはウォーキングはピッタリの運動となります。

 

また、継続することも大事となるため、ウォーキングは続けやすい運動の一つとなるため、ウォーキングから始めることをおすすめしまうす。

 

おすすめの運動

血液をサラサラにしながら、ダイエット効果も期待したい方は、水中ウォーキングやジョギングの有酸素運動がおすすめとなります。

 

水中ウォーキングは、水中で体を動かすと、多くのカロリーが消費出来るため、普通のウォーキングよりは痩せる効果が期待できます。

 

ジョギングに関しては、ウォーキングよりハードになりますが、カロリー消費は高い有酸素運動となります。

 

消費量の高い運動となるため、汗のかきすぎによる脱水症状には十分に注意が必要となります。

 

おすすめの運動

他の運動として、エアロビクスやエアロバイクなどの有酸素運動も血液を綺麗にする効果があるとされています。

 

エアロビクスやエアロバイクの器具の値段は少し高いため、スポーツセンターやジムが近くにある方はそちらに行きましょう。

 

一人で行くのは気が引けると言う人は、最初の内は友達や知り合いと行くと良いでしょう。

 

ウォーキングやエアロバイク、エアロビクスなどの有酸素運動は20分後から皮下脂肪、内臓脂肪を消費し始めるので、有酸素運動をする際には、20分以上することで効果を十分に得ることが出来ます。

 

20分以上有酸素運動を行わなくても、血液中の脂肪が消費されるため、血液を綺麗にする効果は得ることが出来ます。

 

 

運動で注意すること

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

運動で注意することは、最初から張り切り過ぎないことです。

 

初めに長時間、有酸素運動を行ってしまうと、翌日に筋肉痛になってしまったり、体の一部を痛めてしまう場合があるため、自分で運動時間を調節する必要があります。

 

初めの内は目安としては、25分以上有酸素運動を行わないことにしましょう。

 

また、無理な運動をすることで、大量の汗をかき血液が濃くなってドロドロになってしまいます。

 

血液がドロドロにならないように、有酸素運動を行う際には水分補給を徹底して下さい。有酸素運動を行う前にコップ一杯の水を摂ると良いでしょう。

 

 

その他のおすすめ有酸素運動

ウォーキングやエアロビクス、エアロバイク以外におすすめの有酸素運動として、ストレッチや水泳があります。

 

水泳はカロリーを大きく消費してくれるため、ダイエットにもかなりの効果が期待できると言われています。

 

水泳はプールに通わなければなりませんが、ストレッチや簡単な運動に関しては自宅で行うことが出来ます。

 

お子さんがいて、外に出られない主婦にはピッタリの運動となります。

 

 

自宅で出来る有酸素運動

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

自宅で出来る有酸素運動として、ヨガやピラティスも挙げられます。

 

ストレッチもそうですが、ヨガやピラティスは身体にほとんど負担がないため、だれでも始めることが出来ます。

 

ダイエット効果と健康の効果もあります。

 

ヨガで重要な呼吸法

ヨガで重要となるのが、呼吸法になります。

 

ヨガだけでなく、全ての有酸素運動でも呼吸法は大事になります。

 

ヨガの基本の呼吸法として、腹式呼吸があります。

 

簡単に説明すると、息を吸いお腹を膨らませてお腹の力で息を吐いてお腹をへこませることです。

 

腹式呼吸には様々な良い効果があることが分かっています。血圧が上がるのを抑えたり、脳を活性化させてくれるなどの効果があります。

 

 

リラックス効果

ヨガの呼吸法はリラックス効果もあるため、ストレスを軽減してくれます。

 

ストレスによって身体は不調になってしまい、血圧や血行にも影響があるため、呼吸法を行うことによって、対策にもなります。

 

ヨガは呼吸を意識して、様々なポーズをとりますが、自宅で行う場合はなるべく広い部屋で行いましょう

 

狭い場所で行うと、無理なポーズになってしまう場合があり、体を痛めてしまう恐れがあります。

 

ヨガを本格的に行うにはヨガ教室などに通うことでヨガの知識などを学ぶことが出来ます。

 

 

自宅で行う有酸素運動ピラティス

自宅で行う有酸素運動で、ヨガの他にピラティスがありますが、ピラティスはヨガと少し違い、簡単に説明すると、

 

  • 音楽に合わせて動いたり
  • 体の筋肉を意識して動かすこと

 

を言います。

 

最近では健康の効果が高いことが知られているため、多くの有名人がピラティス運動を日常に取り入れています。

 

ヨガやピラティスはある程度知識をつけなければなりませんが、知識がなく出来る運動として、踏み台昇降運動があります。

 

その名の通り階段や台があれば簡単に出来る運動となっています。