血管年齢を若くする方法は?

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

生活習慣病の代表格として動脈硬化があります。動脈硬化は高脂血症と高血圧が原因となり引き起こされる血管の疾患です。

 

症状としては、

 

  • 血管内に血栓ができる
  • 血管がしなやかさを失って硬くなる
  • 血管が狭くなる

 

などがあります。

 

これらの症状により血液の流れが悪くなってしまい動脈硬化の症状がどんどん進行する

 

脳出血や脳梗塞などの脳卒中や心筋梗塞や狭心症などの心臓病などの突然死を招くこともある重大な病気の発症のリスクファクターとなってしまいます。

 

人間ドックや生活習慣病予防検診や健康診断などで悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血圧が高めであると診断されたことがあるという人は要注意です。

 

早めに対策を講じて早めに予防や改善に努めることが重要になります。

 

 

血管は年齢

血管は年齢を重ねていくにつれてどんどん衰えていき動脈硬化を発症させやすくなります。

 

動脈硬化を予防して脳卒中や心臓病の発症のリスクを低減させるためには血管年齢を若く保つということが重要なポイントとなります。

 

日頃から定期的に検査を受けて自分の血管年齢をきちんと把握しておくということも大切です。

 

自宅で血圧を測定する習慣をつけるということも動脈硬化の予防に役立ちます。

 

 

具体的な方法

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

血管年齢を若くする具体的な方法についてですが、

 

  • 栄養バランスのとれた質の良い食事
  • 適度な運動
  • 良質な睡眠
  • 禁煙
  • ストレス解消
  • 疲労回復

 

などの健康的で規則正しい生活習慣を身につけるということです。

 

食生活

食生活においては、

 

  • 肉類
  • 魚介類
  • 大豆製品
  • 乳製品
  • 野菜
  • 果物
  • 海藻類

 

などの食材を満遍なく種類豊富に食事メニューに取り入れて、

 

  • ビタミン
  • ミネラル
  • タンパク質
  • 食物繊維

 

などの栄養素をバランス良く摂取するということを意識しましょう。

 

 

水分を摂取

サラサラ血液にするためにこまめに水分を摂取するということも大切です。

 

喉が渇いていなくても自分で水を飲むタイミングを決めてコンスタントに水分摂取をしましょう。

 

 

注意!塩分の過剰摂取

塩分の過剰摂取は高血圧の原因になりますので気をつけましょう。

 

塩分の過剰摂取により体がナトリウム過多になるのを防ぐためには利用作用のあるカリウムの摂取が効果的です。

 

カリウムはトマトやバナナやアボカドなどに豊富に含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

 

ナトリウムを排出してミネラルのバランスを整えて高血圧を予防する効果が期待できます。

 

 

注意!脂質の過剰摂取

脂質の過剰摂取は悪玉コレステロールや中性脂肪の数値を高めてしまいますので油っこい食事はなるべく控えるようにしましょう。

 

食物繊維には脂質の吸収を抑制する効果があるので食事に積極的に取り入れましょう。

 

食物繊維は野菜や果物や大豆製品やシリアルなどに豊富に含まれています。

 

ビタミンB群を積極的に摂取して脂質の代謝を促すということも心がけましょう。

 

 

毎日の健康習慣に玉ねぎ

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎにはサラサラ血液にする効果がありますので毎日の健康習慣として食べることで動脈硬化の予防に大きく役立てることができます。

 

玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分が血管に良い効果をもたらします。

 

玉ねぎを水にさらしたりすると硫化アリルが水に流れ出てしまい効果が半減してしまいますので、調理方法にも工夫が必要になります。

 

 

効果的な食べ方

玉ねぎを切ってから10〜15分程度空気に触れさせることで成分が安定してサラサラ血液にする効果をさらに高めることができます。

 

サラダなどで生で食べる場合でも水にさらさずに空気に触れさせる方法で食べて効果的かつ効率的に血管に作用させるようにしましょう。

 

玉ねぎはスーパーなどで手軽に入手することができる野菜ですので毎日の食生活に積極的に取り入れることができます。

 

 

毎日の健康習慣に青魚

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

動脈硬化を防ぐ効果がある食べ物として青魚もあります。

 

カツオやマグロやイワシやサンマやブリやサバなどの青魚には多価不飽和脂肪酸の一種であるEPAとDHAが豊富に含まれており、

 

積極的に摂取することで悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしたり血圧を下げたりする効果が期待できます。

 

青魚を毎日コンスタントに食べ続けるということが難しいという場合はEPAとDHAが配合されているサプリメントやドリンク剤などで摂取するのも良いでしょう。

 

 

運動の習慣をつける

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

食生活の改善だけではなく、運動の習慣をつけるということも大切です。

 

血管年齢を若くするために効果的な運動としてウォーキングなどの有酸素運動があります。

 

有酸素運動は酸素を取り入れながら20分以上運動を続けることで脂肪を燃焼させる効果があります。

 

運動をする30分前くらいにアミノ酸を摂取しておくことで脂肪燃焼効果をさらにアップさせることができます。

 

ウォーキングを生活の中に積極的に取り入れて血管に働きかけましょう。

 

その場で足踏みをしたり踏み台昇降運動をするだけでも立派な有酸素運動になりますので自宅でも手軽に行うことができます。

 

疲労回復やストレス解消や禁煙に努めたり良質な睡眠や規則正しい生活リズムなども心がけて健康的な生活を送りましょう。

 

血管をしなやかに若々しく保ちサラサラ血液にして動脈硬化の予防に努めましょう。