玉ねぎのダイエット効果

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

一般に、血液をサラサラにしたり、生活習慣病を予防したりするのにたいへん大きな効果があると言われている食材に玉ねぎがあります。

 

しかし、この食材に期待できる健康効果はそれだけではありません。

 

実は多くの人にあまり知られていない別の効果もあるのです。

 

それがダイエット効果であると言えます。

 

最近、この食材が、ダイエットに関心を持つ多くの女性の間で特に注目を浴びるようになっていることには、こうしたダイエット効果が大きく関係していると考えられています。

 

一年のうちどの時期でも比較的安い値段で手に入るたいへん手ごろな食材であるため、是非とも積極的に活用してダイエット効果を実感してみましょう。

 

玉ねぎにダイエット効果があると言われている主な理由は、この食材に含まれているいくつかの成分にあると言えるでしょう。

 

 

ケルセチン

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

例えば、その成分の一つにケルセチンと呼ばれる成分があります。これはポリフェノールの一種でもあり、血液をサラサラにする効果を持つ成分として知られているものです。

 

一般に、私たちは毎日三回食事をしますが、それによって、血糖を高めたり、血管を通して体中に栄養を運んだりしています。

 

血管がこうした点で大きな働きをしている結果として、知らず知らずのうちに血管には大きな負担がかかり疲労してしまうことがあるものです。

 

そうなると、重要な役割を果たしている血管内皮機能が低下し、血液の循環が滞ってしまうというわけです。

 

そんな状態を改善するために活躍するのが玉ねぎなのです。

 

この食材の中に含まれているケルセチンの働きによって、低下してしまった血管内皮機能が改善され、血液の循環をスムーズにすることができます。

 

その結果として、滞っていた血液がサラサラになるというわけです。

 

こうしてケルセチンには、体の循環を良くする効果があるため、私たちの体はより健康な状態へと導かれることでしょう。

 

特に、ダイエット中に意識的に食べるようにするなら、その効果をより一層高めることができると言われています。

 

加えてケルセチンには、脂肪の吸収を抑制したり、活性酸素の産生を抑えたりする働きも認められています。

 

それで、ダイエットをする際には、是非とも十分に摂取したい成分であると言えるでしょう。

 

 

硫化アリル

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

また、玉ねぎにはダイエットに役立つ成分ケルセチンが含まれているだけではありません。

 

そのほかにも、硫化アリルと呼ばれる成分が豊富に含まれています。

 

この硫化アリルには、実にさまざまな効果があると言われています。

 

例えば、血栓を溶かしたり、血液が凝固するのを防いだりする働きがあります。

 

そのため、動脈硬化や糖尿病、さらには心臓病や高血圧といった病気、また循環器系の病気などを防ぐ効果を期待することができると言われています。

 

さらに硫化アリルには、新陳代謝を促進する効果があることに加えて、消化液の分泌を促進する効果もあります。

 

加えて、脂肪の燃焼を促すビタミンB1と一緒になって働くことによって、より大きな効果を発揮することができます。

 

硫化アリルには、ビタミンB1がより効率よく体に吸収されるようサポートする効果があるからです。

 

つまり、身体に溜まってしまった脂肪を効率よく燃焼させることが必要なダイエットにも、実に大きな効果を発揮することができるというわけです。

 

加えて、硫化アリルには優れた殺菌作用もあるため、免疫力を高め健康を増進させるのにも役立ちます。

 

 

カリウム

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

さらに玉ねぎには、効果的なダイエットには欠かせないと言われるカリウムが含まれています。

 

このカリウムが、体内にある余分なナトリウムを排出させる働きをするのはもちろんのこと、そのほかにもダイエットに役立つ大事な働きをすると言われています。

 

つまり、水分を循環させることによって、体中から余分な水分を尿として排出させることができるようサポートするのです。

 

このようなカリウムの働きのおかげで、効率よくむくみを解消することができるようになるでしょう。

 

こうして考えてきましたように、私たちにとって非常に身近で比較的安価な食材ではありますが、非常に優れた健康効果やダイエット効果を秘めているということが理解できたことでしょう。

 

それで、毎日の食事に積極的に含めていくようにしたいものです。

 

 

皮の部分も有効活用

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

特に、皮の部分も有効活用できます。

 

上述しました、血液をサラサラにする成分ケルセチンに関して言えば、実の部分よりも皮の部分により多く含まれていると言われています。

 

それで、調理する際に皮の部分も捨てないでしっかり活用しましょう。

 

ここで、たいへん簡単な調理方法をご紹介しましょう。

 

皮を乾燥させてミキサーにかけ細かくします。

 

お茶のパック袋などに入れてお湯を注ぎ、煎じて飲むことができます。

 

このようにして、皮に含まれているケルセチンも無駄にすることなく活用します。

 

こうして、皮も実もしっかり使って上手に調理すれば、そこに含まれている大事な栄養素を余すところなく活用できるでしょう。