玉ねぎの血液サラサラ成分

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

玉ねぎは健康に良い食材としてよく話題に上がる野菜ですが、

 

その中でも有名な効果として血液がサラサラになることで動脈硬化などを防ぐということが言われています。

 

ではその玉ねぎのサラサラ成分とはどういうものなのでしょうか。

 

これは玉ねぎに含まれているアリシンという成分のおかげなのです。

 

アリシンはタマネギのあの独特の辛いにおいのことです。

 

ニンニクや長ネギ、大根やわさびなどに豊富に含まれています。

 

アリシンは別名では硫化アリルといいます。

 

アリシンには血液が凝固してしまうのを抑制する効果があり、血栓や動脈硬化予防にはとても良い成分だといわれています。

 

 

玉ねぎを調理する際の注意点

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

ところが注意しなければいけないのはこの成分は調理法によっては効果が失われてしまうということです。

 

調理によってアリシンが失われないようにするにはまず水で洗わないことです。

 

洗わなくても15分ほど空気に触れさせておくことでOKです。

 

こうすると栄養成分が安定するので血液をサラサラにする効果も十分に発揮できます。

 

アリシンは水溶性のため、水で洗うと流れてしまうのです。

 

逆にアリシンは加熱されることにも弱いという面がありますが、時間がたったものは熱に強くなるので加熱調理をする場合はカットして時間を少しおいてから調理するのがおすすめです。

 

食べる量は一日で大体50gほど食べるようにするのがベストです。

 

タマネギで言うと中くらいのサイズを4分の1にカットしたくらいの量です。

 

そして毎日食べることが大事です。

 

実はタマネギのサラサラ成分は時間にして7時間ほどしか持続しません。

 

そのため、継続的に食べる必要があるのです。

 

ちなみに血液サラサラ効果以外にも疲労回復や抗酸化作用なども期待することができます。

 

 

玉ねぎのおすすめの食べ方

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

飽きないように食べる方法の一つとして酢タマネギがあります。

 

その名の通り、タマネギをスライスしたものを酢につけておくというものです。

 

これですとまるでピクルスを食べているような感覚になれますので毎日おやつ代わりにしてもいいですし、食事の時におかず感覚で食べるのも良いです。

 

もしスープや煮物などに使う場合は一度炒めてから利用するのが良いです。

 

もちろんタマネギの辛味成分を抜くために長時間水にさらしておくというのは栄養分を全て失う行為ですから絶対にやめておきましょう。

 

ビタミンB1の豊富な緑黄色野菜や豚肉と一緒に調理するのは相乗効果があるので効果的です。

 

アリシンはビタミンB1の疲労回復成分の吸収力を活性化しますし、血液内の疲労回復成分が少しでも長くとどまり続けることをサポートします。

 

そういう意味ではビタミンB1のたっぷりと含まれている豚肉とタマネギの組み合わせである豚肉炒めやショウガ焼き、酢豚などもオススメの調理法だといえます。

 

サラダにする場合も水にさらし過ぎてしまうとせっかくの成分が逃げるので、新タマネギを使うようにするなどして辛味をあまり気にせずに食べられるように工夫をしてみるのもありです。

 

 

紫玉ねぎの効果

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

同じタマネギでも紫タマネギがありますが、紫タマネギにももちろん血液サラサラ効果があり、さらにポリフェノールも含まれています。

 

そして紫タマネギ独特の成分であるアントシアニンも含まれています。

 

紫色をしていますが、アントシアニンを含んでいるものに共通しているのがこの色です。

 

天然で出ている色なのですが、抗酸化作用が非常に強い成分です。

 

よく言われるのが目の疾患にとても良い効果を発揮するということです。

 

老眼や白内障の予防にも効果的だといわれています。

 

ですから、タマネギを使う時には場合によっては紫タマネギを使うのも良いのではないでしょうか。

 

 

玉ねぎの美容効果

血液をサラサラにする食べ物は?玉ねぎ、青魚などです

アリシンには美容効果もあります。

 

特に紫外線から影響を受けることによるメラニン色素の沈着を抑える効果がありますので、美肌になりたい方はタマネギを積極的に食べるようにするといいです。

 

血液をさらさらにすることで体内の老廃物を排出するのをサポートしますから体内にあるニキビのもととなる毒素やふきでものなどの原因になる物質も体内から排出してくれますので美肌になりやすい状態が作られます。

 

しかもビタミンB1が活発化することで糖質を素早くエネルギーへと変換するパワーがアップします。

 

つまり余分な糖質を体内に蓄積しないようにすることができますので太りにくくなり、肥満防止にも役立ちます。

 

さらにアリシンにはすでについてしまっている脂肪を分解したり燃焼するという効果もありますし、体温上昇や発汗促進する効果もあるのでダイエット効果も期待することができます。

 

健康にも美容にも良い効果を発揮するのがこのアリシンの良いところなので、積極的に毎日摂取するようにするのがベストです。

 

また玉ねぎの皮も普段は捨ててしまう人も多いのですが、この皮部分にはケルセチンという成分が豊富に含まれており、脂肪吸収を抑制する効果がありますので玉ねぎの皮は捨てずにとっておいて玉ねぎ茶にするのも良いです。